足がつったらどうするの?

『足がつる』あるいは『こむら返り』という症状があります。状態は本人の意思とは関係なく筋肉が働いてしまうことです。しかも厄介なことに抑えきれないほどに筋肉が収縮してしまいます。足がつることは 一度は経験したことがあると思います。私も経験ありますが、痛すぎます。

 

なんで足がつるの?

筋肉は疲労などにより過敏な状態になると足をつる可能性も高くなります。例えばスポーツでサッカーやラグビーなどで足がつるなどが良い例です。

熱中症の症状の一つに入る熱けいれんなども足がつる原因になります。 これは脱水が原因と言われています。

中年や高齢者に起こる寝てる時の足のつりも 、お酒を飲んでアルコールによる利尿作用から脱水状態が影響しているようです。

 

足がつった時のの対処方法

スポーツ選手が足をつった時の光景を見たことあると思います。チームのトレーナーがつった選手の所に向かい、つってる筋肉をゆっくりと逆方向に伸ばします。この方法は、おそらく自分がつった時に本能的に行う動作ではないでしょうか。足がつっている状態は、頭からの指令でいつもコントロールされている筋肉が、勝手に興奮している状態です。その興奮を抑えるには、急激なストレッチではなくゆっくりとしたストレッチを行いましょう。ゆっくりストレッチは、腱の中にある興奮を抑えるセンサーが働き、つっている筋肉の興奮を抑えることができます。

ここで注意したいのはゆっくりとストレッチしていくことです。もしも急激にストレッチをした場合は、つっている筋肉の中にあるセンサーが興奮し筋肉を働かせてしまいます。足を つっている人を見て焦って急激に筋肉をストレッチしないよう注意して下さい。筋肉を痛めてしまう可能性もあります。

脱水症状などで足をつる場合は、水分補給などを行いながら、つってしまった筋肉の対応はゆっくり伸ばしてあげるが今のところ適切な対応と考えられています。 これから暑くなります。水分補給をしっかり行い足がつらないようにご注意ください。

*中高年以上の方で、腰にヘルニアがあったり、脊柱管狭窄症などがあって神経痛などが出ている方は、 神経の圧迫により足がつることがあります。 筋疲労がなかったり脱水症状なども考えられない場合は、一度整形外科でご相談していただくのも良いかと思います。

参考文献

「筋けいれん」の原因と対策

奥脇透 – Sportsmedicine, 2008 – ci.nii.ac.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です