腰椎椎間板ヘルニアはリハビリを行うとひっこむの?

椎間板を痛めた可能性がある腰痛は、腰痛の中の39%程度と言われています(1)。このことから椎間板は腰痛の原因となっている可能性が高いです。この椎間板には痛みを感知する神経が入っています(2)。通常この神経は椎間板の外側に存在します。しかし 椎間板を何かしらの原因で痛めると痛みを察知する神経が椎間板の奥まで入り込んでいくそうです。これが長く続く腰痛の原因と言われています(3)。

この椎間板が圧迫されて後ろに突出した状態が椎間板ヘルニアと言われています。ヘルニア自体は MRI(磁気を使った検査機器*CTと違い被爆しません) で 診断がつきます。しかし腰痛ない方でも30%程度、 MRI 画像上ヘルニアが存在することがわかっています(4)。このことから、ヘルニア=腰痛や坐骨神経痛ではないこともあります。しかし実際、医療現場で携わっていますと MRI 画像上ヘルニアがあって症状も腰痛や坐骨神経痛がある方は多くいらっしゃいます。 薬、注射やリハビリテーションなどでヘルニアの患者さんの症状が良くなることもあります。しかし症状が良くなっても ヘルニアが元の正常な状態に戻るかと言うとヘルニアのまま…なことが多いです。 この状態は画像上ヘルニアがあっても腰痛や坐骨神経痛などが治っている状態だと思います。火山に例えると活火山から休火山になった状態ですね。

一度出てしまったヘルニアは戻らないとお伝えすることが多いのですが、これを聞くと患者さんは落ち込みます。しかし休火山の状態から活火山にさせないことが重要で、ヘルニアがあっても腰痛が発生しないように日常生活や仕事に気をつけ、リハビリテーションを行うことが予防になると思います。人によっては膝の痛みを抱える方や他の部位の痛みを抱える方がいらっしゃいます。腰痛を抱えてる人は、自分は腰に負担がかかりやすいんだと思い対処していくことが大切だと思います。

「椎間板ヘルニアがあると活火山化する可能性もある」と知っておくと、リハビリテーションを続けるモチベーションになると思います。

 

(1)高橋 弦 椎間板性腰痛の基礎

日本腰痛学会誌 13:10-16、2007

(2) Lotz, J.C., Ulrich, J.A Innervation, inflammation, and hypermobility may characterize pathologic disc degeneration: review of animal model data. J Bone Joint Surg Am. 2006 Apr;88 Suppl 2:76-82.

(3) Freemont,A.J Nerve ingrowth into diseased intervertebral disc in chronic back pain. Lancet. 1997 Jul 19;350(9072):178-81.

(4) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会 腰椎椎間板ヘルニアガイドライン策定委員会:腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン. 南江堂2007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です