ばね指のリハビリテーションはありますか?

  • はい、あります。

ばね指とは?

指を曲げ伸ばしする時には腱が働きます。手にはたくさんの指を曲げる腱がありますがその腱が効率よく働くように要所要所に腱を収める鞘(さや)があります。指は体の中でも使用頻度が多い部分です。指を曲げる腱が何回もこの鞘を行き来きします。腱と鞘には摩擦が起き次第に腱鞘炎が起きてきます。

腱鞘炎が起きると腱自体も膨らんでしまい鞘のスペースよりも膨らんだ腱の方が大きくなります。このため指を曲げ伸ばしの時に鞘のところで膨らんだ腱が引っかかります。指を曲げた時に引っかかるので伸ばそうとすると引っかかりが取れた瞬間ビュンと指が伸びます。これがバネのような感じたのでばね指と言います。 引っかかりだけではなく痛みも伴うのが特徴です。痛い部分は腱鞘のところが炎症してるからと考えられます。また男性に比べて女性が多いのでこれについては女性特有のホルモンの影響なども関係しているかもしれません。

  • ばね指に対するリハビリテーション

痛みに対しては、痛みがひどくてズキズキする場合は寒冷療法と言ってアイスパックや氷などで冷やします。しかし多くの患者さんは慢性的に痛みが続いているので、このような場合は温熱療法を使って痛みを対処することが多いです。温めると痛みを感じるセンサーの反応が遅くなり、痛みが感じにくくなります。また、腱や腱鞘が炎症しているのですが、炎症は本来治ろうとするために起こっていますが、治りかけの際に、使用頻度が高い指は動かすことが多く炎症が治りにくくなっています。治りが途中で止まっているので なかなか痛みが取れません。このような場合も温熱療法を行うことで組織の修復が止まっている部分に血流を増加させて組織を治すのを手助けしてくれます。寒冷療法ですと炎症止めてしまいますので、ズキズキして熱を持っている状態ではなければ、温熱療法の方が効果的と考えられます。

しかし指は使用頻度が高いので痛みがなかなか治りません。これは炎症を繰り返すために痛めた組織の中に痛みを感じる神経が入り込んでしまうためとも言われています。温熱療法で対処できない場合は、圧力波で治療すると痛みを軽減できると報告されています(1)。 圧力波は体外衝撃波の(結石を体の外から壊す治療)100分の1程度の力です。力が弱いので整形外科の病気の痛みの治療に応用されています。我々理学療法士も扱うことができます。欧州では10年以上前からある治療で、数年前に日本でも認可が取れた治療器です。しかし、痛みに対ししては効果的ですが、引っかかりについては言及されていません(1)。

  • ばね指の引っかかりに対するリハビリテーション

痛みに対しても効果的ですが、ひっかりに対してはストレッチが有効と言われています。方法は、バネ指が起きている指を、逆方向に伸ばします。勢いよく伸ばさず、ゆっくりと気持ちがいい範囲で10秒ほどストレッチしてみてください。

また、積み木のようなもを指全体で握るとばね指が起きている腱鞘が腱の力によりストレッチされます。こちらのストレッチも有効とのことです(1)。

ばね指の痛みと引っかかり対するリハビリテーションを紹介しました。ばね指が起こると他の指もなる可能性があるので日頃からもストレッチを行うと予防になります。ばね指でお困りの方、ストレッチはできますのでぜひお試しください。圧力波の治療機器がある施設は日本にはまだ少ないのが現状です…

 

(1) Malliaropoulos et al. Radial extracorporeal shockwave therapy for the treatment of finger tenosynovitis (triggerdigit).  Open Access Journal of Sports Medicine

(2)岩倉菜穂子,村田泰章,加藤義治  千葉有希子 徳永 進

ばね指に対するストレッチの効果: ストレッチ, ステロイド注射およびその併用の無作為前向き研究  第1322回千葉医学会例会・整形外科例会

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です