電気で筋肉はつきますか?

電気の種類によってはつきます^^

電流療法には、痛みを取るために行うものや筋肉を動かすために行う電気があります。それぞれ痛みを認識する神経と筋肉を動かす神経は別なので、電流療法を行う際は、電気の周波数を変える必要があります。痛みは、鋭い痛みのような傷めて間もない急性痛には100から200ヘルツ、痛みが長く続いている慢性的な痛みに対しては 1から10ヘルツや15から30ヘルツで治療します。

筋肉を動かす神経も存在します。 筋肉を動かすために刺激する電気は 低周波ですと20−80ヘルツと言われています。最近流行っている〜パックなどは20ヘルツのようです。

この周波数の電気を筋肉に流すと筋肉が動きます(収縮する)。電気の力で動かしているので無意識に筋肉が収縮します。筋肉が痙攣している感覚と似たようなものです。無意識にでも筋肉は収縮していますので、筋肉を使っている状態になります。 また電気の力を増していくと筋肉の収縮はより強くなります。無意識に筋肉トレーニングを行っている状態です。通常の筋肉トレーニングは、自分の力で筋肉を収縮させて筋肉に刺激を入れて鍛えることです。電気で筋肉を刺激しても同じくトレーニングになります。このことから電気刺激によって筋力トレーニングは可能となります。

筋肉の収縮方法には大きく3種類あります。一つ目は筋肉が縮みながら働くことです(等張性収縮)。肘を曲げていくと二の腕の力こぶができますが、この時の力こぶの筋肉の働き方を言います。もう一つは筋肉の長さは変わらないけれども筋肉が働いている状態もあります(等尺性収縮)。これは腕相撲の時に、相手と自分が同じ力の場合、関節の動きはないけれども筋肉はしっかり力が入っている状態です。そして最後は、筋肉が働きながら伸びていく状態です(遠心性収縮)。これは腕相撲で負けそうになる場合、筋肉が頑張りながらも二の腕の筋肉が伸ばされていく状態です。

さてこの三つの様式でどの筋肉の働き方が一番トレーニングになるでしょうか?

答えは

 

3つ目の筋肉が頑張りながらも伸ばされていく状態:遠心性収縮 です。

 

トレーニングは初めは安全な負荷から行なっていきますが、トレーニングに慣れてきたら負荷を上げて遠心性収縮を少し出すようなトレーニングが筋力アップには重要です。ここで電気の話に戻りますが、電気刺激を入れると筋肉は収縮します、肘を曲げた二の腕の状態になります。長い筋肉が短くなるような働きをします。これでも筋肉トレーニングにはなりますが、先ほどお伝えした筋肉トレーニングには遠心性収縮が効果的なため、電気刺激➕遠心性収縮トレーニングを行うことが有効なトレーニング方法になります。

やり方は電気刺激を入れた筋肉が縮むのとは逆方向に筋肉を自ら伸ばしていく。そうすると結果的に筋肉は遠心性収縮になります。例として、腹筋の電気刺激療法を行うと、 腹筋が働くので体はお辞儀方向に動きます。この時に自分で少し胸を張る、お腹を伸ばすように頑張ると腹筋の遠心性収縮が得られます。ただ電気を当てて腹筋がピクピク動いてるよりも、胸を張って姿勢を整えているだけで効果的なトレーニングに変わります。

 

皆様も経験あると思いますが、腹筋のトレーニングはつらいです。頭をぎゅっと起こして体を持ち上げたりしなくてはいけないので、 首に負担がかかります。また、骨粗しょう症を起こしていると通常の腹筋トレーニングですと背骨を痛めたり、場合によっては圧迫骨折起こしてしまうことがあります。このことからも電気刺激を利用しての腹筋トレーニングは、トレーニングで傷めてしまうリスクを減らすことができます。

筋力トレーニングをするための電気刺激療法はリハビリテーションの世界では昔からある方法です。手術の後など患部を動かせない場合に電気刺激を行い筋肉を落とさないようにしていました。現在もリハビリテーションの分野ではそのような患者さんに対して使っています。しかし患者さんでなくとも、電気刺激療法による筋力トレーニングは安全で効果的なので是非使ってみてください。

*ペースメーカーを使用している方は電気療法は行えませんのでご注意ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です