疲労骨折はなぜ起こるの?

疲労骨折


通常の骨折は、一度の外力により骨が折れてしまうことです。それに対して、疲労骨折は、骨の同じ部分に何度も繰り返される外力により骨の疲労現象を来して起こると言われています(1)。針金を繰り返し曲げ伸ばししているとだんだんストレスがかっかっているところが熱くなり終いに折れてしまうのと似ています。

日常生活ではそれほど集中して骨にストレスがかかることはありませんが、スポーツ選手は繰り返す同じ動作で、骨に負担がかかり疲労骨折を起こしてしまう方も少なくありません。

スポーツ活動の低年齢化や以前よりも盛んになり、疲労骨折の頻度は増加傾向で、疲労骨折の発生部位も多様化しているそうです。

 

どこに起こるか?


手足の骨や骨盤、腰椎(腰の骨)肋骨などに起こります。疲労骨折というと足の骨に起こることが多いと思われていましたが、最近ではMRIなどの画像診断の進歩により、腰椎疲労骨折の頻度が高いとの報告もあります(2)。成長期の子どもの腰痛は、疲労骨折を注意しなければいけません。

症状


疲労骨折が起こっている部分の圧痛(押すと痛いこと)と運動すると痛いことです。また脛骨(すねの骨)や足の骨などの皮膚から骨までの距離が近い場合は、熱感(疲労骨折した部分が熱をもって熱くなる)や腫れが出る場合もある。

足の疲労骨折の場合は、痛い側の足で飛んでもらう(ホップテスト)と疲労骨折の痛みを再現できると言われています(3)。

腰の場合は、腰の骨を叩くと痛かったり、腰を反ると痛みが出る場合は、腰の疲労骨折を疑うとの報告があります(4)。

レントゲンでわかるの?MRIは?CTは?


疲労骨折が起こってすぐにはレントゲンでわからない場合が多いようです(5)。症状が出てから2から6週の時期にレントゲンでわかるので、初期の段階で見つけるのは困難です。

それに比べMRI検査は、疲労骨折の初期の段階から診断できます(1)。CTは、初期の段階の診断は難しいけど、実際骨がどのように骨折の状態なのかを判断するのは有効とのことです(6)。

治療は患部の安静が必要です。しかし患者さんの多くは、スポーツ選手のためただ休んでいると体力、筋力低下が起きてしまいます。そのため疲労骨折部以外のトレーニングは重要です。場合によっては数ヶ月も治るまでかかるのでその間のリハビリテーションをしっかり頑張ってください。

  1. Mink. J.H., et al. : Occult cartilage and bone injuries of the knee. Radiology. 170 : 823-829. 1989
  2. 能見修也ほか:スポーツにおける疲労骨折の実態. 日本臨床スポーツ医学会誌. 19: 43-49. 2011
  3. Matheson, G.O., et al : Stress fracture in athletes-A study of 320 cases. Am J Sports Med. 15 : 46-58. 1987.
  4. 西良浩一ほか., 脊椎の疲労骨折ー腰椎分離症ー. 臨床スポーツ医学. 27 : 411-421. 2010.
  5. Chisin, R., et al. : Clinical significance of nonforcal scintigraphic findings in suspected tibial stress fractures. Cli Orhtop. 220 :220 : 200-205. 1987.
  6. 石橋恭之ほか : 疲労骨折の臨床像と画像診断. Orthopaedics. Vol 25. No. 13 1-8 2012.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

アキレス腱障害のリハビリテーションは?

アキレス腱障害とは?


アキレス腱障害(アキレス腱の周りが痛むこと)はマラソンランナーやサッカー、バスケットボールなどのスポーツ選手や愛好家に多い病気です。そのため痛くてもスポーツを続けるので、再発を繰り返したり悪化をしたり悪循環を起こすことが多いです。安静にしていれば治りもいいのでがそうもいかないため、困ってしまうのがアキレス腱障害です。

アキレス腱障害で足の関節が硬くなる


アキレス腱が傷んでくると、腱の柔軟性が低下するため、足の関節の動きが硬くなると言われています。アキレス腱が硬くなると特に足の甲を上にあげる動きが硬くなります。この動きが制限されるために、走ったりジャンプしたりするとき足の関節での十分なクッション性を出すことができず更にアキレス腱に負担がかかります。

Kager’s fat pad


アキレス腱は、踵の骨についています。アキレス腱と踵の隙間に、Kager’s fat padというクッションがあり、このクッションがアキレス腱への負担を軽減していると言われています(1)。アキレス腱障害になるとこのクッションも傷んでくるそうです。そのため、このクッションの動きを確保するために、足の関節のストレッチやマッサージが重要です。

アキレス腱障害のリハビリテーション


痛みが強く熱感がある場合は、アイスパックで冷やしましょう。うずくような痛みがなければ、お湯や治療機器があれば超音波などでアキレス腱部を温めます。温熱療法を行い痛みが軽減され、筋肉と腱の柔軟性が増したところで、ストレッチも効果的です。最近では、圧力波治療も有効と言われています。

 

アキレス腱障害の予防トレーニング


ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)がアキレス腱になります。そのためふくらはぎの筋肉のストレッチは有効と言われています(2)。方法は、階段などの端につま先をかけ、ゆっくり踵を下ろしていきます(ふくらはぎの筋肉とアキレス腱が伸びます)。そこから今度は、踵をあげていきます(ふくらはぎとアキレス腱が働きます)。手すりを使いながら行ってください。

アキレス腱以外の部分のトレーニング


アキレス腱障害を起こすと、足のアーチが低下すると言われています(1)。そのため、膝はそれをかばうようにX脚(膝と膝がちかづく)方向に力が入ります。結果、股関節周りの筋力が入りづらくなります。股関節の筋肉が働かないと体が安定しません。その不安定さがまたアキレス腱部へのストレスを生みます。このため股関節周りの筋力トレーニングも重要です。

アキレス腱障害は様々なところが原因で生じています。アキレス腱だけではなく、股関節周りのトレーニングも行い治療、再発予防することが大切です。

(1) Schepsis AA et al., Achilles tendon disorders in athletes. Am J Sports Med 30: 287-305, 2002

(2) Magnussen RA, et al., Nonoperative treatment of midportion Achilles tendinopathy: a systematic review. Clin J Sport Med 19: 54-64, 2009

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村