腰椎の疲労骨折って治るの?

適切な診断と治療があれば治せる腰の疲労骨折も多いと思います。

腰椎の疲労骨折は、小学生から高校生ぐらいまでのスポーツを行っている方に起こる腰の病気です。

この腰の疲労骨折の呼び方はいくつかあります。発育期腰椎分離症、成長期腰椎分離症、腰椎疲労骨折、初期分離症などは、同じ病態を示しています。最近は、MRIという磁気を使った検査機器(磁気なので被爆しません)が普及しており、腰の疲労骨折が診断しやすくなっています。どこに疲労骨折を起こすかというと、腰には五つの積み木のような骨があります。一つ一つは腰椎と言われています。このひとつの腰椎の中に関節突起間部という場所がありこの部分が疲労骨折を起こします。

なぜ疲労骨折を起こすかというと、この疲労骨折を起こす部分に力学的なストレスがかけ続けるからだと言われています。そのストレスは腰を反ったり、回したりすることと言われています(1)。腰の疲労骨折を起こす多くの患者さんはスポーツを行っているので、スポーツのような日常生活以上のストレスをかけた場合に疲労骨折が発生すると考えられています。

腰の疲労骨折の診断までの流れですが、症状は腰痛なので、腰痛がありスポーツ活動が難しくなった場合、整形外科でレントゲンや MRIを撮影することが診断の一歩になります。レントゲンだけでは疲労骨折は発見できないので難しいところです。レントゲンを撮影して問題ないからと言って安心できません。
MRI を撮影すると疲労骨折がある場合しっかり画像上にうつってくれるので診断がつきます。まず MRI で疲労骨折部分を把握し、 その後はどの程度骨が負担かかっているか?を確認する必要があります。これについては MRI では難しいので、 CT 撮影を行います。 CT を撮影すると、骨には全く異常がない場合と少し亀裂が入っている場合、亀裂が明らかに分かる場合、完全に骨折してしまっている場合といった病態が把握できます。

CT により骨の状態が確認できたらいよいよ治療に入ります。治療は装具療法と言って腰にコルセットをつけます。しかし腰痛などで使うコルセットとは違い、疲労骨折を治すのでプラスチック製の硬いコルセットを使用します。硬いコルセットなので普通のコルセットと比べ腰を反ったり回したりという動作をより強固に制限することができます。

骨がどれくらい傷んでいるかにもよりますが、コルセットによる治療をまずは2から3ヶ月間続けます。この間は、スポーツや体育などは中止します。選手にはかなりストレスな治療になります。
コルセット療法を行うと、CTで骨には全く異常がない場合と少し亀裂が入っている場合は94%、骨の亀裂が明らかに分かる場合で64%の確率で治ると報告されています(2)。高い確率で治るのでしっかり治していただきたいです。

腰の疲労骨折は、早い段階で見つかれば治せる腰痛なので整形外科でしっかり診断してもらい病状を把握して適切なリハビリテーションを受けてください。

(1) Sairyo K, Katoh S, Sasa T, Yasui N, Goel VK, Vadapalli S, et al. Athletes with unilateral spondylolysis are at risk of stress fracture at the contralateral pedicle and pars interarticularis: a clinical and biomechanical study. Am J Sports Med. 2005;33(4):583-90.

(2) Sairyo K, Sakai T, Yasui N, Dezawa A. Conservative treatment for pediatric lumbar spondylolysis to achieve bone healing using a hard brace: what type and how long?: Clinical article. J Neurosurg Spine. 2012;16(6):610-4.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

運動をする前の準備体操は必要ですか?

はい、必要です。特に寒い季節はより準備体操は必要です。

寒い日、急に走ると筋肉が思うように動かない、関節がギシギシする、痛いなど経験したことがあると思います。走る前には、急には走らないで無意識に体を動かし易いところからゆっくり動かすと思います。これは筋肉を動かすことによって体の温度をあげるために行います。

 

1度温度が上昇すると、体の血の流れはよくなるそうです。また組織の代謝がよくなると言われています。2度上昇しますと筋肉の緊張が取れ、運動神経の伝導速度が増す(運動神経が働き易くなる)そうです。3から4度上昇すると腱や関節包(関節を取り巻く組織でこの部分が硬くなると関節が硬くなる)が柔らかくなると言われています。

 

このことから、準備体操は、筋肉や関節を温める効果があり、運動のしやすさや怪我の予防にもつながります。また、筋肉が張って出る痛みも運動によって軽減する可能性があります。少し運動すると体が軽くなったり、筋肉が凝った感じが取れるのはこのためです。

 

リハビリテーションは、温熱作用の力を存分に使います。リハビリテーションには、徒手療法(理学療法士が手を使って筋肉を動かしたり、関節を動かしたりする方法)と運動療法(患者さんが運動をすることにより筋力を上げたり、体の柔軟性を上げたりして治療していく方法)、物理療法(物理的に体を温めたり、電気を流したり、冷やしたりする治療法)があります。徒手療法や運動療法は、関節や筋肉を治療していくので、その前にホットパックといる温かいパックを患部に当てて、筋肉や関節の柔軟性を出した後、徒手療法や運動療法を行います。治療の前の準備体操になるのがこの温熱療法です。

 

また、五十肩など関節や筋肉が痛みによって動かなくなるため硬くなる現象が起こります。このような場合、理学療法士は筋肉を伸ばしたり関節を動かしたりするのですが、硬くなっている部分は体の表面だけではなく深いところの筋肉や間も硬くなっています。これらを温めるためにはホットパックだけでは役不足です。体の深いところを温めないと、そこを伸ばすには無理がかかるので、このような場合は超音波治療を使い体の3センチから5センチ奥までも温める治療を行います。温めながらや温め終わった後に関節や筋肉をゆっくりストレッチしてあげると痛みを出さずに 関節の動きを出すことができます。

 

五十肩で周りの人から動かさないと硬くなると言われて、痛みをこらえて自分で動かしてしまう方がいらっしゃいますが、無理に動かすのではなくしっかりと周りの筋肉や中の関節を温めた後、痛みのない範囲で動かしてあげることが安全です。しかしなかなか奥の組織までは温められませんので整形外科で超音波治療を併用しながら関節を動かすリハビリを行うと効果的と思います。

 

整形外科は、痛みや骨折の後など関節が硬くなる患者さんが多くいらっしゃいます。そのような場合、温熱療法による準備運動をしっかり行いながらリハビリテーションを行っています。硬くなった組織は動かさないといけませんが痛みを出さないようにより効果的に筋肉や関節を動かせるようにするのが大切です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

スポーツって腰に悪いの?

腰痛は二足歩行を選択した人の宿命と言われています。 60%から80%の人が生涯に一度は腰痛を経験するそうです。

アメリカの報告ではアメリカ国民の約2%が慢性腰痛のため就業不能に陥ると言われており、アメリカにおいては腰痛は健康保険を破綻させた一因とも報告されています⑴。

日本人の腰痛の状況について、平成22年国民生活基礎調査より男性では第5位が手足の関節痛、第4位が咳や痰、第3位が鼻づまり、第2位が肩こりそして第1位が腰痛となっております。女性は第5位が体がだるい、第4位が鼻つまり第3位が手足関節痛そして第2位が腰痛、第1位が肩こりとなっています。

男性女性共に腰痛は困っている症状の上位です。

 

腰痛は侮れないです。

 

大学生の腰痛アンケート調査での報告は腰痛をこれまで感じたことある人はスポーツを経験していない人で50%でした。またスポーツを経験している人では64.6%が腰痛を経験したことあると答えていました⑵。大学生の時点で半分以上が腰痛を経験しているという事は、比較的年齢が若い時期から腰痛が生じていることがわかります。 またスポーツを経験している人は経験していない人よりも腰痛を起こす可能性が高いことが伺えます。

 

腰痛は誰しもが起こりうる病気です。腰痛を起こす部位としてあげられるのは代表的なものは椎間板です。椎間板は背骨と背骨の間にあるクッションのことです。このクッションが何らかの原因で傷めてしまうと腰痛が発生します。 先ほどの大学生の腰痛アンケートからスポーツ選手は腰痛が発生する率が高いと言われていて⑵、その腰痛は椎間板が傷んでいるかに関連すると言われています⑶。高齢者の場合、椎間板は自然に傷んでくるため高齢者の腰痛と傷んでいる場合は腰痛とは関係ないと言われています。しかし大学生までの若い子達にとっては椎間板が傷むことは腰痛の原因となりうると考えられます。

 

若い子たちの椎間板が傷んでしまうスポーツ種目は第一位はバレーボール第2位はウエイトリフティング第3位は柔道、第4位野球、第5位は競泳です⑶。上位を占めるスポーツは前傾姿勢で構えることが多いスポーツや重いものを持ち上げたりするスポーツです。

 

将来、腰痛を発生する可能性が高いスポーツを行う方はそうでない人より注意しないといけません。 スポーツ種目は変えられないので柔軟性や基礎トレーニングなど入念に行う必要があります。スポーツ種目によって椎間板を傷める確率が違うのは驚きです。

 

菊池臣一 – 腰痛 初版. 東京. 医学書院, 2003

⑵Hangai et al., AM j Sports Med, 2010

⑶Hangai et al., AM j Sports Med, 2009