腰椎の疲労骨折って治るの?

適切な診断と治療があれば治せる腰の疲労骨折も多いと思います。

腰椎の疲労骨折は、小学生から高校生ぐらいまでのスポーツを行っている方に起こる腰の病気です。

この腰の疲労骨折の呼び方はいくつかあります。発育期腰椎分離症、成長期腰椎分離症、腰椎疲労骨折、初期分離症などは、同じ病態を示しています。最近は、MRIという磁気を使った検査機器(磁気なので被爆しません)が普及しており、腰の疲労骨折が診断しやすくなっています。どこに疲労骨折を起こすかというと、腰には五つの積み木のような骨があります。一つ一つは腰椎と言われています。このひとつの腰椎の中に関節突起間部という場所がありこの部分が疲労骨折を起こします。

なぜ疲労骨折を起こすかというと、この疲労骨折を起こす部分に力学的なストレスがかけ続けるからだと言われています。そのストレスは腰を反ったり、回したりすることと言われています(1)。腰の疲労骨折を起こす多くの患者さんはスポーツを行っているので、スポーツのような日常生活以上のストレスをかけた場合に疲労骨折が発生すると考えられています。

腰の疲労骨折の診断までの流れですが、症状は腰痛なので、腰痛がありスポーツ活動が難しくなった場合、整形外科でレントゲンや MRIを撮影することが診断の一歩になります。レントゲンだけでは疲労骨折は発見できないので難しいところです。レントゲンを撮影して問題ないからと言って安心できません。
MRI を撮影すると疲労骨折がある場合しっかり画像上にうつってくれるので診断がつきます。まず MRI で疲労骨折部分を把握し、 その後はどの程度骨が負担かかっているか?を確認する必要があります。これについては MRI では難しいので、 CT 撮影を行います。 CT を撮影すると、骨には全く異常がない場合と少し亀裂が入っている場合、亀裂が明らかに分かる場合、完全に骨折してしまっている場合といった病態が把握できます。

CT により骨の状態が確認できたらいよいよ治療に入ります。治療は装具療法と言って腰にコルセットをつけます。しかし腰痛などで使うコルセットとは違い、疲労骨折を治すのでプラスチック製の硬いコルセットを使用します。硬いコルセットなので普通のコルセットと比べ腰を反ったり回したりという動作をより強固に制限することができます。

骨がどれくらい傷んでいるかにもよりますが、コルセットによる治療をまずは2から3ヶ月間続けます。この間は、スポーツや体育などは中止します。選手にはかなりストレスな治療になります。
コルセット療法を行うと、CTで骨には全く異常がない場合と少し亀裂が入っている場合は94%、骨の亀裂が明らかに分かる場合で64%の確率で治ると報告されています(2)。高い確率で治るのでしっかり治していただきたいです。

腰の疲労骨折は、早い段階で見つかれば治せる腰痛なので整形外科でしっかり診断してもらい病状を把握して適切なリハビリテーションを受けてください。

(1) Sairyo K, Katoh S, Sasa T, Yasui N, Goel VK, Vadapalli S, et al. Athletes with unilateral spondylolysis are at risk of stress fracture at the contralateral pedicle and pars interarticularis: a clinical and biomechanical study. Am J Sports Med. 2005;33(4):583-90.

(2) Sairyo K, Sakai T, Yasui N, Dezawa A. Conservative treatment for pediatric lumbar spondylolysis to achieve bone healing using a hard brace: what type and how long?: Clinical article. J Neurosurg Spine. 2012;16(6):610-4.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

電気治療って痛みに効くの?

 しっかりと痛みの状態を把握して、適切な電気を当てれば効果的です。

電気療法(電流療法)は、昔から行われている治療法です。よく肩こりなどに使う低周波治療器など一度は使ったことがあるのでないでしょうか。電流療法といいましても、種類は多くあります。馴染み深いのは、痛みに対して行う電流療法だと思います。しかし痛みだけではありません。

関節の動きを良くしたり、筋力を強化したり、神経に刺激を入れたり。また、非常に微弱な電気を流すことで体の傷んだ部分の修復が促進する電流治療もあります。

全て電気ですが、何の症状に対して行うか?が重要です。電気には、周波数というものがあり(電気振動が1秒間に繰り返される現象のこと周波数と行ってヘルツで表されます)、このヘルツの違いによって、痛みを相手に行うのか、筋肉に対して行うのか違ってきます。

低周波

低い周波数という意味で、1000ヘルツ以下の周波数をいいます。 1001から10000ヘルツは中周波 10001ヘルツ以上は高周波と言います。高周波になると、超音波治療器がこの分類に入ります。高周波は体の深部を温める作用もあります。日常で使う電子レンジは高周波です。

さて痛みに対しては低周波を使います。痛みは、傷めて間もない痛み(急性痛)と痛みがずっと続いている(慢性痛)に分けられます。急性痛は、例えば捻挫してすぐに起こるズキズキした鋭い痛みが代表的です。慢性痛は鋭い痛みではないけど重いようなだるいような痛みが数ヶ月単位で続く痛みです。どちらも「痛い」のは変わりないですが、痛みの質が違います。質が違うということは、痛みを感じている神経が違います。急性痛は、鋭い痛みが特徴ですが、これはAδ線維(太めの神経)という神経によって感じます。それに対して慢性痛はC線維(細めの神経)という神経によって感じます。急性痛か慢性痛によって感じる神経が違うので、電流療法もどの神経に向けて治療するかでヘルツを変えます。

 

急性痛

100~200ヘルツで治療します。

 

慢性痛

1~10ヘルツ、15~30ヘルツで治療します。

 

同じ痛みでも周波数が全く違います。痛いから低周波ではなく、低周波の中でも、自分の痛みに対応している周波数かどうかが重要です。日々リハビリで何気に当てている電気ですが、使い方によって効果が変わります。ぜひ今使っている電気の周波数確かめてみてください。

 

参考文献

物理療法マニュアル

嶋田 智明ら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村