電気で筋肉はつきますか?

電気の種類によってはつきます^^

電流療法には、痛みを取るために行うものや筋肉を動かすために行う電気があります。それぞれ痛みを認識する神経と筋肉を動かす神経は別なので、電流療法を行う際は、電気の周波数を変える必要があります。痛みは、鋭い痛みのような傷めて間もない急性痛には100から200ヘルツ、痛みが長く続いている慢性的な痛みに対しては 1から10ヘルツや15から30ヘルツで治療します。

筋肉を動かす神経も存在します。 筋肉を動かすために刺激する電気は 低周波ですと20−80ヘルツと言われています。最近流行っている〜パックなどは20ヘルツのようです。

この周波数の電気を筋肉に流すと筋肉が動きます(収縮する)。電気の力で動かしているので無意識に筋肉が収縮します。筋肉が痙攣している感覚と似たようなものです。無意識にでも筋肉は収縮していますので、筋肉を使っている状態になります。 また電気の力を増していくと筋肉の収縮はより強くなります。無意識に筋肉トレーニングを行っている状態です。通常の筋肉トレーニングは、自分の力で筋肉を収縮させて筋肉に刺激を入れて鍛えることです。電気で筋肉を刺激しても同じくトレーニングになります。このことから電気刺激によって筋力トレーニングは可能となります。

筋肉の収縮方法には大きく3種類あります。一つ目は筋肉が縮みながら働くことです(等張性収縮)。肘を曲げていくと二の腕の力こぶができますが、この時の力こぶの筋肉の働き方を言います。もう一つは筋肉の長さは変わらないけれども筋肉が働いている状態もあります(等尺性収縮)。これは腕相撲の時に、相手と自分が同じ力の場合、関節の動きはないけれども筋肉はしっかり力が入っている状態です。そして最後は、筋肉が働きながら伸びていく状態です(遠心性収縮)。これは腕相撲で負けそうになる場合、筋肉が頑張りながらも二の腕の筋肉が伸ばされていく状態です。

さてこの三つの様式でどの筋肉の働き方が一番トレーニングになるでしょうか?

答えは

 

3つ目の筋肉が頑張りながらも伸ばされていく状態:遠心性収縮 です。

 

トレーニングは初めは安全な負荷から行なっていきますが、トレーニングに慣れてきたら負荷を上げて遠心性収縮を少し出すようなトレーニングが筋力アップには重要です。ここで電気の話に戻りますが、電気刺激を入れると筋肉は収縮します、肘を曲げた二の腕の状態になります。長い筋肉が短くなるような働きをします。これでも筋肉トレーニングにはなりますが、先ほどお伝えした筋肉トレーニングには遠心性収縮が効果的なため、電気刺激➕遠心性収縮トレーニングを行うことが有効なトレーニング方法になります。

やり方は電気刺激を入れた筋肉が縮むのとは逆方向に筋肉を自ら伸ばしていく。そうすると結果的に筋肉は遠心性収縮になります。例として、腹筋の電気刺激療法を行うと、 腹筋が働くので体はお辞儀方向に動きます。この時に自分で少し胸を張る、お腹を伸ばすように頑張ると腹筋の遠心性収縮が得られます。ただ電気を当てて腹筋がピクピク動いてるよりも、胸を張って姿勢を整えているだけで効果的なトレーニングに変わります。

 

皆様も経験あると思いますが、腹筋のトレーニングはつらいです。頭をぎゅっと起こして体を持ち上げたりしなくてはいけないので、 首に負担がかかります。また、骨粗しょう症を起こしていると通常の腹筋トレーニングですと背骨を痛めたり、場合によっては圧迫骨折起こしてしまうことがあります。このことからも電気刺激を利用しての腹筋トレーニングは、トレーニングで傷めてしまうリスクを減らすことができます。

筋力トレーニングをするための電気刺激療法はリハビリテーションの世界では昔からある方法です。手術の後など患部を動かせない場合に電気刺激を行い筋肉を落とさないようにしていました。現在もリハビリテーションの分野ではそのような患者さんに対して使っています。しかし患者さんでなくとも、電気刺激療法による筋力トレーニングは安全で効果的なので是非使ってみてください。

*ペースメーカーを使用している方は電気療法は行えませんのでご注意ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

電気治療って痛みに効くの?

 しっかりと痛みの状態を把握して、適切な電気を当てれば効果的です。

電気療法(電流療法)は、昔から行われている治療法です。よく肩こりなどに使う低周波治療器など一度は使ったことがあるのでないでしょうか。電流療法といいましても、種類は多くあります。馴染み深いのは、痛みに対して行う電流療法だと思います。しかし痛みだけではありません。

関節の動きを良くしたり、筋力を強化したり、神経に刺激を入れたり。また、非常に微弱な電気を流すことで体の傷んだ部分の修復が促進する電流治療もあります。

全て電気ですが、何の症状に対して行うか?が重要です。電気には、周波数というものがあり(電気振動が1秒間に繰り返される現象のこと周波数と行ってヘルツで表されます)、このヘルツの違いによって、痛みを相手に行うのか、筋肉に対して行うのか違ってきます。

低周波

低い周波数という意味で、1000ヘルツ以下の周波数をいいます。 1001から10000ヘルツは中周波 10001ヘルツ以上は高周波と言います。高周波になると、超音波治療器がこの分類に入ります。高周波は体の深部を温める作用もあります。日常で使う電子レンジは高周波です。

さて痛みに対しては低周波を使います。痛みは、傷めて間もない痛み(急性痛)と痛みがずっと続いている(慢性痛)に分けられます。急性痛は、例えば捻挫してすぐに起こるズキズキした鋭い痛みが代表的です。慢性痛は鋭い痛みではないけど重いようなだるいような痛みが数ヶ月単位で続く痛みです。どちらも「痛い」のは変わりないですが、痛みの質が違います。質が違うということは、痛みを感じている神経が違います。急性痛は、鋭い痛みが特徴ですが、これはAδ線維(太めの神経)という神経によって感じます。それに対して慢性痛はC線維(細めの神経)という神経によって感じます。急性痛か慢性痛によって感じる神経が違うので、電流療法もどの神経に向けて治療するかでヘルツを変えます。

 

急性痛

100~200ヘルツで治療します。

 

慢性痛

1~10ヘルツ、15~30ヘルツで治療します。

 

同じ痛みでも周波数が全く違います。痛いから低周波ではなく、低周波の中でも、自分の痛みに対応している周波数かどうかが重要です。日々リハビリで何気に当てている電気ですが、使い方によって効果が変わります。ぜひ今使っている電気の周波数確かめてみてください。

 

参考文献

物理療法マニュアル

嶋田 智明ら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

運動をする前の準備体操は必要ですか?

はい、必要です。特に寒い季節はより準備体操は必要です。

寒い日、急に走ると筋肉が思うように動かない、関節がギシギシする、痛いなど経験したことがあると思います。走る前には、急には走らないで無意識に体を動かし易いところからゆっくり動かすと思います。これは筋肉を動かすことによって体の温度をあげるために行います。

 

1度温度が上昇すると、体の血の流れはよくなるそうです。また組織の代謝がよくなると言われています。2度上昇しますと筋肉の緊張が取れ、運動神経の伝導速度が増す(運動神経が働き易くなる)そうです。3から4度上昇すると腱や関節包(関節を取り巻く組織でこの部分が硬くなると関節が硬くなる)が柔らかくなると言われています。

 

このことから、準備体操は、筋肉や関節を温める効果があり、運動のしやすさや怪我の予防にもつながります。また、筋肉が張って出る痛みも運動によって軽減する可能性があります。少し運動すると体が軽くなったり、筋肉が凝った感じが取れるのはこのためです。

 

リハビリテーションは、温熱作用の力を存分に使います。リハビリテーションには、徒手療法(理学療法士が手を使って筋肉を動かしたり、関節を動かしたりする方法)と運動療法(患者さんが運動をすることにより筋力を上げたり、体の柔軟性を上げたりして治療していく方法)、物理療法(物理的に体を温めたり、電気を流したり、冷やしたりする治療法)があります。徒手療法や運動療法は、関節や筋肉を治療していくので、その前にホットパックといる温かいパックを患部に当てて、筋肉や関節の柔軟性を出した後、徒手療法や運動療法を行います。治療の前の準備体操になるのがこの温熱療法です。

 

また、五十肩など関節や筋肉が痛みによって動かなくなるため硬くなる現象が起こります。このような場合、理学療法士は筋肉を伸ばしたり関節を動かしたりするのですが、硬くなっている部分は体の表面だけではなく深いところの筋肉や間も硬くなっています。これらを温めるためにはホットパックだけでは役不足です。体の深いところを温めないと、そこを伸ばすには無理がかかるので、このような場合は超音波治療を使い体の3センチから5センチ奥までも温める治療を行います。温めながらや温め終わった後に関節や筋肉をゆっくりストレッチしてあげると痛みを出さずに 関節の動きを出すことができます。

 

五十肩で周りの人から動かさないと硬くなると言われて、痛みをこらえて自分で動かしてしまう方がいらっしゃいますが、無理に動かすのではなくしっかりと周りの筋肉や中の関節を温めた後、痛みのない範囲で動かしてあげることが安全です。しかしなかなか奥の組織までは温められませんので整形外科で超音波治療を併用しながら関節を動かすリハビリを行うと効果的と思います。

 

整形外科は、痛みや骨折の後など関節が硬くなる患者さんが多くいらっしゃいます。そのような場合、温熱療法による準備運動をしっかり行いながらリハビリテーションを行っています。硬くなった組織は動かさないといけませんが痛みを出さないようにより効果的に筋肉や関節を動かせるようにするのが大切です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

超音波治療ってなんですか?

超音波治療は、リハビリテーションでよく行われる物理療法機器です。物理療法とは、体に物理エネルギー(温熱、寒冷、電気刺激、光線、その他)を加えること で、生理的生化学的変化を起こし、血液循環の改善、筋の緊張や痛みを除去、軽減するものです。リハビリに行くと腰に電気かけたり、痛いところを温めたりする治療です。

その中でも、超音波って何?という質問を受けます。

超音波とは高周波に位置付けられています。高周波って?ですが、電気振動が1秒間に繰り返される現象のこと周波数と行ってヘルツで表されます。例えば4ヘルツは、1秒間に電気振動が4回行き来することです。よく低周波という名前は聞いたことある方もいると思いますが、低周波は100ヘルツ以下を言います。

高周波は低周波より高い周波数で 3万ヘルツ以上を高周波としています。ここで超音波ですが、超音波はなんと1Mヘルツから3Mヘルツです。メガです!1秒間に100万回から300万回の電気振動を起こします。まさに超です。

そしてこの超音波はこの周波数を使い細胞を振動させる作用により温熱効果をうみます。1秒間に100万回細胞をマッサージされている状態です。人の手では作り出せません。我々理学療法士は、この超音波を使い、人間業ではできない、短時間での筋肉や組織の温度を上げ治療に応用しています。


なぜ温熱がいいのか?

温めるとなぜ体に良い効果が得られるのか?については、私たちは経験的に理解していると思います。例えば、温泉やお風呂で温まったあとは、体の疲労が取れたり、筋肉の柔らかさが出たりなど経験している方がほとんでないでしょうか。

温熱作用

教科書では温熱作用は6つあると解説されています。簡単に説明していきます。

①組織温度の上昇 

*組織とは筋肉と靭帯、関節を取り巻く関節包、皮膚などです

 

②血管の拡張、血流促進

*血液の流れがよくなる

 

③筋スパズムの軽減

*筋肉のコリや張りが取れることです

 

組織代謝の改善

*新陳代謝が起こることです

 

⑤疼痛閾値の上昇

*痛みを感じにくくなることです。例)痛かったけど温めると痛みが楽になった。

⑥結合組織の伸展性の増大

*靭帯や筋肉の腱(すじ)のような硬い部分が柔らかくなること

上記の効果が見込めます。温熱作用はいいことが多いですね。ホッカイロで温めるのもお風呂に入っているだけでも温熱療法です。温熱療法は特別なものではなく日常で行われています。

しかし、超音波を使った温熱療法は体の表面ではなくより深いところに、そして早く温めることができます。深さは2センチから6センチまでを温めることができます。硬くなってしまった関節や筋肉は深いところにあります。この部分を手を使ったマッサージでは温められません。

ここで登場するのが超音波です。より深いとことで硬くなっている部分をおよそ2−3分で温めることができます。ホッカイロなどで温めるのはどうしても表面だけになります。患者さんはより深い部分で筋肉が硬くなっているのでそこを治療するには超音波が必要です。深い部分を超音波で温めながら関節の運動を同時に出していく治療があります。このようにストレッチも温熱療法を加えながら行うと効果が上がります。

 

1秒間に100万回のマッサージ効果で、超音波は深部を温めるのに有効です。整形外科の患者さんでは適応な方は多いと思います。

 

*超音波はより深部を温めることができるので使用方法を間違えると火傷などが起こる場合もあります。病気の状態によっては超音波が使用できない患者さんもいます。治療の際は、必ず専門家の指示に従ってください。