五十肩は動かした方がいいの?

50歳くらいになって肩が痛くなったり肩が動かなくなったりするような症状を五十肩と言うことがあります。近年ではMRI を代表とした検査機器の発達により昔ではわからなかった肩の病気もだいぶ診断がつくようになりました。最近テレビなどでも出てくる腱板断裂などは検査技術が上がって判明した病気です。

 

五十肩って?


MRI検査などでも肩の痛めた部分がよく分からないものがあります。このような場合、五十肩と言われたりします。昔は五十肩と言われていたものでも実は、肩の腱を傷めた腱板断裂が含まれている場合も多いので、現在では五十肩という病名は減っているのは事実です。五十肩は、そのくらいの年齢で、検査をしたけど痛みや肩が挙がらない原因がはっきりしない状態です。肩関節周囲炎と呼ばれたりもします。

40歳から60歳の女性に多く、非利き手に多発するそうです。20%くらいは両肩に出るそうです。片側が痛くて動きづらくなる例が明らかに多いです。

原因は、何かしらの肩の中に炎症が起こり痛みが生じ、肩を動かさないようになり硬くなっていく、ようです。徐々に治っていきますが、1年から2年かかる場合もあると言われています。

ただ、治るまでの期間、ずっと同じ症状ではないことも報告されています。

  1. 痛くて動きづらくなる時期  10~36週

  2. 痛みが治り動かなくなる時期 4~12ヶ月

  3. 徐々に動き出す時期     5~26ヶ月

上記のような3つの時期に分かれて治っていくそうです。ただ、それぞれの時期の中でも期間のばらつきが多いです。

 

五十肩は動かした方がいいの?についてですが、答えは”時期によって”です。


五十肩の治療は、3つの時期に合わせながらリハビリテーションを行うことが重要です。痛みが強い時は、早く痛みが取れるように薬や注射リハビリテーションを行いますが、この時期のリハビリはあまりにも痛みが強い場合は、三角巾で固定したりもします。この痛みが出ている時期に動かすと余計痛みが出る可能性が高いです。この時期が早く終わらないと次の時期にいきません。*もし理学療法士が担当でいたら痛い時期でも、肩以外の部分を動かしたりはします。

 

痛みが無くなってきたらだいたい肩は硬くなっているので痛みが無くなってきた時期から徐々に動かしていきます。

 

ここで注意したいのが、痛みが無くなってきても、無理やり動かすと痛みが出る場合があります。このため、あくまでも無理には動かさないようにしてください。座ったり立った状態で肩を挙げようとすると、腕の重みがかかって挙げづらいので、仰向けで両手を組んで、痛くない側の手でリードして挙げていくと効果的です。

 

痛みがなくなり硬くなった時期からは、個人差はありますが、徐々に動いてくるのでリハビリテーションもアップして肩の関節を動かしていきます。この時期にくるとゴールが見えてきます。

 

大切なのは、五十肩が治っていくまでの過程を理解して、時期に合ったリハビリテーションをすることです。また、治るまでは長くかかることを知っておくと気持ちも楽になると思います。

最後に、五十肩はあくまでも他の原因がない場合をいうので、肩が痛い、挙がらない場合は、まずは整形外科で診断してもらうのが先決です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

運動をする前の準備体操は必要ですか?

はい、必要です。特に寒い季節はより準備体操は必要です。

寒い日、急に走ると筋肉が思うように動かない、関節がギシギシする、痛いなど経験したことがあると思います。走る前には、急には走らないで無意識に体を動かし易いところからゆっくり動かすと思います。これは筋肉を動かすことによって体の温度をあげるために行います。

 

1度温度が上昇すると、体の血の流れはよくなるそうです。また組織の代謝がよくなると言われています。2度上昇しますと筋肉の緊張が取れ、運動神経の伝導速度が増す(運動神経が働き易くなる)そうです。3から4度上昇すると腱や関節包(関節を取り巻く組織でこの部分が硬くなると関節が硬くなる)が柔らかくなると言われています。

 

このことから、準備体操は、筋肉や関節を温める効果があり、運動のしやすさや怪我の予防にもつながります。また、筋肉が張って出る痛みも運動によって軽減する可能性があります。少し運動すると体が軽くなったり、筋肉が凝った感じが取れるのはこのためです。

 

リハビリテーションは、温熱作用の力を存分に使います。リハビリテーションには、徒手療法(理学療法士が手を使って筋肉を動かしたり、関節を動かしたりする方法)と運動療法(患者さんが運動をすることにより筋力を上げたり、体の柔軟性を上げたりして治療していく方法)、物理療法(物理的に体を温めたり、電気を流したり、冷やしたりする治療法)があります。徒手療法や運動療法は、関節や筋肉を治療していくので、その前にホットパックといる温かいパックを患部に当てて、筋肉や関節の柔軟性を出した後、徒手療法や運動療法を行います。治療の前の準備体操になるのがこの温熱療法です。

 

また、五十肩など関節や筋肉が痛みによって動かなくなるため硬くなる現象が起こります。このような場合、理学療法士は筋肉を伸ばしたり関節を動かしたりするのですが、硬くなっている部分は体の表面だけではなく深いところの筋肉や間も硬くなっています。これらを温めるためにはホットパックだけでは役不足です。体の深いところを温めないと、そこを伸ばすには無理がかかるので、このような場合は超音波治療を使い体の3センチから5センチ奥までも温める治療を行います。温めながらや温め終わった後に関節や筋肉をゆっくりストレッチしてあげると痛みを出さずに 関節の動きを出すことができます。

 

五十肩で周りの人から動かさないと硬くなると言われて、痛みをこらえて自分で動かしてしまう方がいらっしゃいますが、無理に動かすのではなくしっかりと周りの筋肉や中の関節を温めた後、痛みのない範囲で動かしてあげることが安全です。しかしなかなか奥の組織までは温められませんので整形外科で超音波治療を併用しながら関節を動かすリハビリを行うと効果的と思います。

 

整形外科は、痛みや骨折の後など関節が硬くなる患者さんが多くいらっしゃいます。そのような場合、温熱療法による準備運動をしっかり行いながらリハビリテーションを行っています。硬くなった組織は動かさないといけませんが痛みを出さないようにより効果的に筋肉や関節を動かせるようにするのが大切です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村