疲労骨折はなぜ起こるの?

疲労骨折


通常の骨折は、一度の外力により骨が折れてしまうことです。それに対して、疲労骨折は、骨の同じ部分に何度も繰り返される外力により骨の疲労現象を来して起こると言われています(1)。針金を繰り返し曲げ伸ばししているとだんだんストレスがかっかっているところが熱くなり終いに折れてしまうのと似ています。

日常生活ではそれほど集中して骨にストレスがかかることはありませんが、スポーツ選手は繰り返す同じ動作で、骨に負担がかかり疲労骨折を起こしてしまう方も少なくありません。

スポーツ活動の低年齢化や以前よりも盛んになり、疲労骨折の頻度は増加傾向で、疲労骨折の発生部位も多様化しているそうです。

 

どこに起こるか?


手足の骨や骨盤、腰椎(腰の骨)肋骨などに起こります。疲労骨折というと足の骨に起こることが多いと思われていましたが、最近ではMRIなどの画像診断の進歩により、腰椎疲労骨折の頻度が高いとの報告もあります(2)。成長期の子どもの腰痛は、疲労骨折を注意しなければいけません。

症状


疲労骨折が起こっている部分の圧痛(押すと痛いこと)と運動すると痛いことです。また脛骨(すねの骨)や足の骨などの皮膚から骨までの距離が近い場合は、熱感(疲労骨折した部分が熱をもって熱くなる)や腫れが出る場合もある。

足の疲労骨折の場合は、痛い側の足で飛んでもらう(ホップテスト)と疲労骨折の痛みを再現できると言われています(3)。

腰の場合は、腰の骨を叩くと痛かったり、腰を反ると痛みが出る場合は、腰の疲労骨折を疑うとの報告があります(4)。

レントゲンでわかるの?MRIは?CTは?


疲労骨折が起こってすぐにはレントゲンでわからない場合が多いようです(5)。症状が出てから2から6週の時期にレントゲンでわかるので、初期の段階で見つけるのは困難です。

それに比べMRI検査は、疲労骨折の初期の段階から診断できます(1)。CTは、初期の段階の診断は難しいけど、実際骨がどのように骨折の状態なのかを判断するのは有効とのことです(6)。

治療は患部の安静が必要です。しかし患者さんの多くは、スポーツ選手のためただ休んでいると体力、筋力低下が起きてしまいます。そのため疲労骨折部以外のトレーニングは重要です。場合によっては数ヶ月も治るまでかかるのでその間のリハビリテーションをしっかり頑張ってください。

  1. Mink. J.H., et al. : Occult cartilage and bone injuries of the knee. Radiology. 170 : 823-829. 1989
  2. 能見修也ほか:スポーツにおける疲労骨折の実態. 日本臨床スポーツ医学会誌. 19: 43-49. 2011
  3. Matheson, G.O., et al : Stress fracture in athletes-A study of 320 cases. Am J Sports Med. 15 : 46-58. 1987.
  4. 西良浩一ほか., 脊椎の疲労骨折ー腰椎分離症ー. 臨床スポーツ医学. 27 : 411-421. 2010.
  5. Chisin, R., et al. : Clinical significance of nonforcal scintigraphic findings in suspected tibial stress fractures. Cli Orhtop. 220 :220 : 200-205. 1987.
  6. 石橋恭之ほか : 疲労骨折の臨床像と画像診断. Orthopaedics. Vol 25. No. 13 1-8 2012.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

五十肩は動かした方がいいの?

50歳くらいになって肩が痛くなったり肩が動かなくなったりするような症状を五十肩と言うことがあります。近年ではMRI を代表とした検査機器の発達により昔ではわからなかった肩の病気もだいぶ診断がつくようになりました。最近テレビなどでも出てくる腱板断裂などは検査技術が上がって判明した病気です。

 

五十肩って?


MRI検査などでも肩の痛めた部分がよく分からないものがあります。このような場合、五十肩と言われたりします。昔は五十肩と言われていたものでも実は、肩の腱を傷めた腱板断裂が含まれている場合も多いので、現在では五十肩という病名は減っているのは事実です。五十肩は、そのくらいの年齢で、検査をしたけど痛みや肩が挙がらない原因がはっきりしない状態です。肩関節周囲炎と呼ばれたりもします。

40歳から60歳の女性に多く、非利き手に多発するそうです。20%くらいは両肩に出るそうです。片側が痛くて動きづらくなる例が明らかに多いです。

原因は、何かしらの肩の中に炎症が起こり痛みが生じ、肩を動かさないようになり硬くなっていく、ようです。徐々に治っていきますが、1年から2年かかる場合もあると言われています。

ただ、治るまでの期間、ずっと同じ症状ではないことも報告されています。

  1. 痛くて動きづらくなる時期  10~36週

  2. 痛みが治り動かなくなる時期 4~12ヶ月

  3. 徐々に動き出す時期     5~26ヶ月

上記のような3つの時期に分かれて治っていくそうです。ただ、それぞれの時期の中でも期間のばらつきが多いです。

 

五十肩は動かした方がいいの?についてですが、答えは”時期によって”です。


五十肩の治療は、3つの時期に合わせながらリハビリテーションを行うことが重要です。痛みが強い時は、早く痛みが取れるように薬や注射リハビリテーションを行いますが、この時期のリハビリはあまりにも痛みが強い場合は、三角巾で固定したりもします。この痛みが出ている時期に動かすと余計痛みが出る可能性が高いです。この時期が早く終わらないと次の時期にいきません。*もし理学療法士が担当でいたら痛い時期でも、肩以外の部分を動かしたりはします。

 

痛みが無くなってきたらだいたい肩は硬くなっているので痛みが無くなってきた時期から徐々に動かしていきます。

 

ここで注意したいのが、痛みが無くなってきても、無理やり動かすと痛みが出る場合があります。このため、あくまでも無理には動かさないようにしてください。座ったり立った状態で肩を挙げようとすると、腕の重みがかかって挙げづらいので、仰向けで両手を組んで、痛くない側の手でリードして挙げていくと効果的です。

 

痛みがなくなり硬くなった時期からは、個人差はありますが、徐々に動いてくるのでリハビリテーションもアップして肩の関節を動かしていきます。この時期にくるとゴールが見えてきます。

 

大切なのは、五十肩が治っていくまでの過程を理解して、時期に合ったリハビリテーションをすることです。また、治るまでは長くかかることを知っておくと気持ちも楽になると思います。

最後に、五十肩はあくまでも他の原因がない場合をいうので、肩が痛い、挙がらない場合は、まずは整形外科で診断してもらうのが先決です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

ばね指のリハビリテーションはありますか?

  • はい、あります。

ばね指とは?

指を曲げ伸ばしする時には腱が働きます。手にはたくさんの指を曲げる腱がありますがその腱が効率よく働くように要所要所に腱を収める鞘(さや)があります。指は体の中でも使用頻度が多い部分です。指を曲げる腱が何回もこの鞘を行き来きします。腱と鞘には摩擦が起き次第に腱鞘炎が起きてきます。

腱鞘炎が起きると腱自体も膨らんでしまい鞘のスペースよりも膨らんだ腱の方が大きくなります。このため指を曲げ伸ばしの時に鞘のところで膨らんだ腱が引っかかります。指を曲げた時に引っかかるので伸ばそうとすると引っかかりが取れた瞬間ビュンと指が伸びます。これがバネのような感じたのでばね指と言います。 引っかかりだけではなく痛みも伴うのが特徴です。痛い部分は腱鞘のところが炎症してるからと考えられます。また男性に比べて女性が多いのでこれについては女性特有のホルモンの影響なども関係しているかもしれません。

  • ばね指に対するリハビリテーション

痛みに対しては、痛みがひどくてズキズキする場合は寒冷療法と言ってアイスパックや氷などで冷やします。しかし多くの患者さんは慢性的に痛みが続いているので、このような場合は温熱療法を使って痛みを対処することが多いです。温めると痛みを感じるセンサーの反応が遅くなり、痛みが感じにくくなります。また、腱や腱鞘が炎症しているのですが、炎症は本来治ろうとするために起こっていますが、治りかけの際に、使用頻度が高い指は動かすことが多く炎症が治りにくくなっています。治りが途中で止まっているので なかなか痛みが取れません。このような場合も温熱療法を行うことで組織の修復が止まっている部分に血流を増加させて組織を治すのを手助けしてくれます。寒冷療法ですと炎症止めてしまいますので、ズキズキして熱を持っている状態ではなければ、温熱療法の方が効果的と考えられます。

しかし指は使用頻度が高いので痛みがなかなか治りません。これは炎症を繰り返すために痛めた組織の中に痛みを感じる神経が入り込んでしまうためとも言われています。温熱療法で対処できない場合は、圧力波で治療すると痛みを軽減できると報告されています(1)。 圧力波は体外衝撃波の(結石を体の外から壊す治療)100分の1程度の力です。力が弱いので整形外科の病気の痛みの治療に応用されています。我々理学療法士も扱うことができます。欧州では10年以上前からある治療で、数年前に日本でも認可が取れた治療器です。しかし、痛みに対ししては効果的ですが、引っかかりについては言及されていません(1)。

  • ばね指の引っかかりに対するリハビリテーション

痛みに対しても効果的ですが、ひっかりに対してはストレッチが有効と言われています。方法は、バネ指が起きている指を、逆方向に伸ばします。勢いよく伸ばさず、ゆっくりと気持ちがいい範囲で10秒ほどストレッチしてみてください。

また、積み木のようなもを指全体で握るとばね指が起きている腱鞘が腱の力によりストレッチされます。こちらのストレッチも有効とのことです(1)。

ばね指の痛みと引っかかり対するリハビリテーションを紹介しました。ばね指が起こると他の指もなる可能性があるので日頃からもストレッチを行うと予防になります。ばね指でお困りの方、ストレッチはできますのでぜひお試しください。圧力波の治療機器がある施設は日本にはまだ少ないのが現状です…

 

(1) Malliaropoulos et al. Radial extracorporeal shockwave therapy for the treatment of finger tenosynovitis (triggerdigit).  Open Access Journal of Sports Medicine

(2)岩倉菜穂子,村田泰章,加藤義治  千葉有希子 徳永 進

ばね指に対するストレッチの効果: ストレッチ, ステロイド注射およびその併用の無作為前向き研究  第1322回千葉医学会例会・整形外科例会

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村