腰のコルセットを使うと腰の筋力は落ちるの?

1から6ヶ月程度の使用なら大丈夫そうです^^


コルセットを使ったことがある方なら、コルセットによって筋力が落ちるかも?と思った方もいるのではないでしょうか?日頃の診療でも患者さんからよく質問されます。

骨折した後にギプスを巻きますが、ギプスを外すと足が細くなっていることがあります。これはギプスにより固定期間筋肉を使わなかったためと考えられます。きっとこのようなことから腰のコルセットも心配になってしまうと思います。

コルセットを使うと腰の筋肉が痩せるとの報告も確かになります。しかし最近の論文で、 1ヶ月から6ヶ月程度のコルセットによる固定なら、腹筋、背筋の最大筋力や背筋の持久力、易疲労性(筋肉の疲れやすさ)には影響がなかったと報告されています(1)。

6ヶ月以上の長期間固定した場合は、 もしかしたら筋力は落ちるかもしれません。また、ご高齢の患者さんの訴えで、長い期間コルセットを巻いていると、コルセットを外すと腰が支えられないという仰る方も確かにいます。

腰が痛い時やどうしても動かなくてはいけない時はコルセットを使って腰を保護する必要があると思います。短期間でしたら、筋肉も落ちないようなので、痛い時は不安がらずにコルセットを使用したほうがいいと思います。

コルセットには多くの種類があります。通常使用する腰に巻くコルセットや、骨盤を固定する骨盤ベルト、骨盤ベルトでもしめる力の強弱がダイヤル式になっているスポーツタイプのもの、など。コルセットを一つ試して効果があるかないかを見極めるのではなく、いろんな種類を使ってみるとご自分の症状に合ったコルセットに出会えると思います。

 

Hiroshi Takasaki, PhDa,*, Takahiro Miki, BScb 

The impact of continuous use of lumbosacral orthoses on trunk motor performance: a systematic review with meta-analysis. The Spine Journal  17 (2017) 889–900

 

<a href=”//www.blogmura.com/ranking.html“><img src=”//www.blogmura.com/img/www88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”ブログランキング・にほんブログ村へ” /></a><br /><a href=”//www.blogmura.com/ranking.html“>にほんブログ村</a>

<a href=”//sick.blogmura.com/ranking.html“><img src=”//sick.blogmura.com/img/sick88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 病気ブログへ” /></a><br /><a href=”//sick.blogmura.com/ranking.html“>にほんブログ村</a>

<a href=”//sick.blogmura.com/medicalteam/ranking.html“><img src=”//sick.blogmura.com/medicalteam/img/medicalteam88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ” /></a><br /><a href=”//sick.blogmura.com/medicalteam/ranking.html“>にほんブログ村</a>

腰椎の疲労骨折って治るの?

適切な診断と治療があれば治せる腰の疲労骨折も多いと思います。

腰椎の疲労骨折は、小学生から高校生ぐらいまでのスポーツを行っている方に起こる腰の病気です。

この腰の疲労骨折の呼び方はいくつかあります。発育期腰椎分離症、成長期腰椎分離症、腰椎疲労骨折、初期分離症などは、同じ病態を示しています。最近は、MRIという磁気を使った検査機器(磁気なので被爆しません)が普及しており、腰の疲労骨折が診断しやすくなっています。どこに疲労骨折を起こすかというと、腰には五つの積み木のような骨があります。一つ一つは腰椎と言われています。このひとつの腰椎の中に関節突起間部という場所がありこの部分が疲労骨折を起こします。

なぜ疲労骨折を起こすかというと、この疲労骨折を起こす部分に力学的なストレスがかけ続けるからだと言われています。そのストレスは腰を反ったり、回したりすることと言われています(1)。腰の疲労骨折を起こす多くの患者さんはスポーツを行っているので、スポーツのような日常生活以上のストレスをかけた場合に疲労骨折が発生すると考えられています。

腰の疲労骨折の診断までの流れですが、症状は腰痛なので、腰痛がありスポーツ活動が難しくなった場合、整形外科でレントゲンや MRIを撮影することが診断の一歩になります。レントゲンだけでは疲労骨折は発見できないので難しいところです。レントゲンを撮影して問題ないからと言って安心できません。
MRI を撮影すると疲労骨折がある場合しっかり画像上にうつってくれるので診断がつきます。まず MRI で疲労骨折部分を把握し、 その後はどの程度骨が負担かかっているか?を確認する必要があります。これについては MRI では難しいので、 CT 撮影を行います。 CT を撮影すると、骨には全く異常がない場合と少し亀裂が入っている場合、亀裂が明らかに分かる場合、完全に骨折してしまっている場合といった病態が把握できます。

CT により骨の状態が確認できたらいよいよ治療に入ります。治療は装具療法と言って腰にコルセットをつけます。しかし腰痛などで使うコルセットとは違い、疲労骨折を治すのでプラスチック製の硬いコルセットを使用します。硬いコルセットなので普通のコルセットと比べ腰を反ったり回したりという動作をより強固に制限することができます。

骨がどれくらい傷んでいるかにもよりますが、コルセットによる治療をまずは2から3ヶ月間続けます。この間は、スポーツや体育などは中止します。選手にはかなりストレスな治療になります。
コルセット療法を行うと、CTで骨には全く異常がない場合と少し亀裂が入っている場合は94%、骨の亀裂が明らかに分かる場合で64%の確率で治ると報告されています(2)。高い確率で治るのでしっかり治していただきたいです。

腰の疲労骨折は、早い段階で見つかれば治せる腰痛なので整形外科でしっかり診断してもらい病状を把握して適切なリハビリテーションを受けてください。

(1) Sairyo K, Katoh S, Sasa T, Yasui N, Goel VK, Vadapalli S, et al. Athletes with unilateral spondylolysis are at risk of stress fracture at the contralateral pedicle and pars interarticularis: a clinical and biomechanical study. Am J Sports Med. 2005;33(4):583-90.

(2) Sairyo K, Sakai T, Yasui N, Dezawa A. Conservative treatment for pediatric lumbar spondylolysis to achieve bone healing using a hard brace: what type and how long?: Clinical article. J Neurosurg Spine. 2012;16(6):610-4.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村