『超音波治療』ってなんですか?

『超音波治療』は、リハビリテーションでよく行われる物理療法機器です。
物理療法・・体に物理エネルギー(温熱、寒冷、電気刺激、光線、その他)を加えること で、生理的生化学的変化を起こし、血液循環の改善、筋の緊張や痛みを除去、軽減するものです。リハビリに行くと腰に電気かけたり、痛いところを温めたりするあの治療です。


その中でも、「超音波って何?」という質問をよく受けます。

超音波・・高周波に位置付けられています。高周波って?ですが、電気振動が1秒間に繰り返される現象のこと周波数(ヘルツ)で表されます。例えば4ヘルツは、1秒間に電気振動が4回行き来することです。よく低周波という名前は聞いたことある方もいると思いますが、低周波は100ヘルツ以下を言います。

高周波は低周波より高い周波数で 3万ヘルツ以上を高周波としています。ここで超音波ですが、超音波はなんと1Mヘルツから3Mヘルツです。メガです!1秒間に100万回から300万回の電気振動を起こします。まさに『超』です。
そして超音波はこの周波数を使い、細胞を振動させる作用により温熱効果をうみます。1秒間に100万回細胞をマッサージされている状態です。人の手では作り出せません。
我々理学療法士はこの超音波を使い、人間業では到底できないこと(短時間で筋肉や組織の温度を上げる)を治療に応用しているのです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です