腰のコルセットを使うと腰の筋力は落ちるの?

1から6ヶ月程度の使用なら大丈夫そうです^^


コルセットを使ったことがある方なら、コルセットによって筋力が落ちるかも?と思った方もいるのではないでしょうか?日頃の診療でも患者さんからよく質問されます。

骨折した後にギプスを巻きますが、ギプスを外すと足が細くなっていることがあります。これはギプスにより固定期間筋肉を使わなかったためと考えられます。きっとこのようなことから腰のコルセットも心配になってしまうと思います。

コルセットを使うと腰の筋肉が痩せるとの報告も確かになります。しかし最近の論文で、 1ヶ月から6ヶ月程度のコルセットによる固定なら、腹筋、背筋の最大筋力や背筋の持久力、易疲労性(筋肉の疲れやすさ)には影響がなかったと報告されています(1)。

6ヶ月以上の長期間固定した場合は、 もしかしたら筋力は落ちるかもしれません。また、ご高齢の患者さんの訴えで、長い期間コルセットを巻いていると、コルセットを外すと腰が支えられないという仰る方も確かにいます。

腰が痛い時やどうしても動かなくてはいけない時はコルセットを使って腰を保護する必要があると思います。短期間でしたら、筋肉も落ちないようなので、痛い時は不安がらずにコルセットを使用したほうがいいと思います。

コルセットには多くの種類があります。通常使用する腰に巻くコルセットや、骨盤を固定する骨盤ベルト、骨盤ベルトでもしめる力の強弱がダイヤル式になっているスポーツタイプのもの、など。コルセットを一つ試して効果があるかないかを見極めるのではなく、いろんな種類を使ってみるとご自分の症状に合ったコルセットに出会えると思います。

 

Hiroshi Takasaki, PhDa,*, Takahiro Miki, BScb 

The impact of continuous use of lumbosacral orthoses on trunk motor performance: a systematic review with meta-analysis. The Spine Journal  17 (2017) 889–900

 

<a href=”//www.blogmura.com/ranking.html“><img src=”//www.blogmura.com/img/www88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”ブログランキング・にほんブログ村へ” /></a><br /><a href=”//www.blogmura.com/ranking.html“>にほんブログ村</a>

<a href=”//sick.blogmura.com/ranking.html“><img src=”//sick.blogmura.com/img/sick88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 病気ブログへ” /></a><br /><a href=”//sick.blogmura.com/ranking.html“>にほんブログ村</a>

<a href=”//sick.blogmura.com/medicalteam/ranking.html“><img src=”//sick.blogmura.com/medicalteam/img/medicalteam88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ” /></a><br /><a href=”//sick.blogmura.com/medicalteam/ranking.html“>にほんブログ村</a>

腰椎の疲労骨折って治るの?

適切な診断と治療があれば治せる腰の疲労骨折も多いと思います。

腰椎の疲労骨折は、小学生から高校生ぐらいまでのスポーツを行っている方に起こる腰の病気です。

この腰の疲労骨折の呼び方はいくつかあります。発育期腰椎分離症、成長期腰椎分離症、腰椎疲労骨折、初期分離症などは、同じ病態を示しています。最近は、MRIという磁気を使った検査機器(磁気なので被爆しません)が普及しており、腰の疲労骨折が診断しやすくなっています。どこに疲労骨折を起こすかというと、腰には五つの積み木のような骨があります。一つ一つは腰椎と言われています。このひとつの腰椎の中に関節突起間部という場所がありこの部分が疲労骨折を起こします。

なぜ疲労骨折を起こすかというと、この疲労骨折を起こす部分に力学的なストレスがかけ続けるからだと言われています。そのストレスは腰を反ったり、回したりすることと言われています(1)。腰の疲労骨折を起こす多くの患者さんはスポーツを行っているので、スポーツのような日常生活以上のストレスをかけた場合に疲労骨折が発生すると考えられています。

腰の疲労骨折の診断までの流れですが、症状は腰痛なので、腰痛がありスポーツ活動が難しくなった場合、整形外科でレントゲンや MRIを撮影することが診断の一歩になります。レントゲンだけでは疲労骨折は発見できないので難しいところです。レントゲンを撮影して問題ないからと言って安心できません。
MRI を撮影すると疲労骨折がある場合しっかり画像上にうつってくれるので診断がつきます。まず MRI で疲労骨折部分を把握し、 その後はどの程度骨が負担かかっているか?を確認する必要があります。これについては MRI では難しいので、 CT 撮影を行います。 CT を撮影すると、骨には全く異常がない場合と少し亀裂が入っている場合、亀裂が明らかに分かる場合、完全に骨折してしまっている場合といった病態が把握できます。

CT により骨の状態が確認できたらいよいよ治療に入ります。治療は装具療法と言って腰にコルセットをつけます。しかし腰痛などで使うコルセットとは違い、疲労骨折を治すのでプラスチック製の硬いコルセットを使用します。硬いコルセットなので普通のコルセットと比べ腰を反ったり回したりという動作をより強固に制限することができます。

骨がどれくらい傷んでいるかにもよりますが、コルセットによる治療をまずは2から3ヶ月間続けます。この間は、スポーツや体育などは中止します。選手にはかなりストレスな治療になります。
コルセット療法を行うと、CTで骨には全く異常がない場合と少し亀裂が入っている場合は94%、骨の亀裂が明らかに分かる場合で64%の確率で治ると報告されています(2)。高い確率で治るのでしっかり治していただきたいです。

腰の疲労骨折は、早い段階で見つかれば治せる腰痛なので整形外科でしっかり診断してもらい病状を把握して適切なリハビリテーションを受けてください。

(1) Sairyo K, Katoh S, Sasa T, Yasui N, Goel VK, Vadapalli S, et al. Athletes with unilateral spondylolysis are at risk of stress fracture at the contralateral pedicle and pars interarticularis: a clinical and biomechanical study. Am J Sports Med. 2005;33(4):583-90.

(2) Sairyo K, Sakai T, Yasui N, Dezawa A. Conservative treatment for pediatric lumbar spondylolysis to achieve bone healing using a hard brace: what type and how long?: Clinical article. J Neurosurg Spine. 2012;16(6):610-4.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村

スポーツって腰に悪いの?

腰痛は二足歩行を選択した人の宿命と言われています。 60%から80%の人が生涯に一度は腰痛を経験するそうです。

アメリカの報告ではアメリカ国民の約2%が慢性腰痛のため就業不能に陥ると言われており、アメリカにおいては腰痛は健康保険を破綻させた一因とも報告されています⑴。

日本人の腰痛の状況について、平成22年国民生活基礎調査より男性では第5位が手足の関節痛、第4位が咳や痰、第3位が鼻づまり、第2位が肩こりそして第1位が腰痛となっております。女性は第5位が体がだるい、第4位が鼻つまり第3位が手足関節痛そして第2位が腰痛、第1位が肩こりとなっています。

男性女性共に腰痛は困っている症状の上位です。

 

腰痛は侮れないです。

 

大学生の腰痛アンケート調査での報告は腰痛をこれまで感じたことある人はスポーツを経験していない人で50%でした。またスポーツを経験している人では64.6%が腰痛を経験したことあると答えていました⑵。大学生の時点で半分以上が腰痛を経験しているという事は、比較的年齢が若い時期から腰痛が生じていることがわかります。 またスポーツを経験している人は経験していない人よりも腰痛を起こす可能性が高いことが伺えます。

 

腰痛は誰しもが起こりうる病気です。腰痛を起こす部位としてあげられるのは代表的なものは椎間板です。椎間板は背骨と背骨の間にあるクッションのことです。このクッションが何らかの原因で傷めてしまうと腰痛が発生します。 先ほどの大学生の腰痛アンケートからスポーツ選手は腰痛が発生する率が高いと言われていて⑵、その腰痛は椎間板が傷んでいるかに関連すると言われています⑶。高齢者の場合、椎間板は自然に傷んでくるため高齢者の腰痛と傷んでいる場合は腰痛とは関係ないと言われています。しかし大学生までの若い子達にとっては椎間板が傷むことは腰痛の原因となりうると考えられます。

 

若い子たちの椎間板が傷んでしまうスポーツ種目は第一位はバレーボール第2位はウエイトリフティング第3位は柔道、第4位野球、第5位は競泳です⑶。上位を占めるスポーツは前傾姿勢で構えることが多いスポーツや重いものを持ち上げたりするスポーツです。

 

将来、腰痛を発生する可能性が高いスポーツを行う方はそうでない人より注意しないといけません。 スポーツ種目は変えられないので柔軟性や基礎トレーニングなど入念に行う必要があります。スポーツ種目によって椎間板を傷める確率が違うのは驚きです。

 

菊池臣一 – 腰痛 初版. 東京. 医学書院, 2003

⑵Hangai et al., AM j Sports Med, 2010

⑶Hangai et al., AM j Sports Med, 2009

骨粗鬆症って痛みを起こすの?

日本でで骨粗しょう症を有している患者さんは女性では24%男性では5%と言われています。推定患者数は1300万人に達するとも言われています。

骨粗鬆症は骨の強さが20代から40代と比べて弱くなっている状態です。 症状は骨が弱くなっているため骨折やそれに伴う痛みや動作が鈍くなったりします。

骨粗鬆症患者さんが腰痛や背中の痛みを起こす程度は33%と言われています。 またその痛みのために80%の方が日常生活の制限を感じており、90%以上の方が日常生活で困っているそうです(1)。

骨粗鬆症に伴う腰や背中の痛みは、骨折による痛みや骨折後に骨が変形して起こる痛みが原因と考えられてきました。最近の研究では骨粗しょう症自体が痛みを引き起こしているのではないかと言う報告があります。こうなりますと骨粗鬆症になっている患者さんは骨折などがなくても腰や背中の痛みを訴えることがあるということです。

今までは骨の痛みは骨の表面にある骨の膜である骨膜が刺激されて痛みを起こすと考えられてきました(2)。しかし研究が進み痛みを感じる神経が骨の中にも存在することがわかってきました(3).

骨粗鬆症が起こると骨を壊す細胞が活性化するので その細胞が産生する酸が増加して局所が酸性になり、 骨の中に分布する感覚神経を興奮させて痛みが引き起こされてしまうと考えられています(4)。

骨粗鬆症に伴う腰痛の原因についてはまだまだ不明な点が多いようです。しかし骨粗鬆症患者の中で骨折を伴わないのに痛みが起こっている方や骨粗鬆症の薬を飲むとそのような痛みが軽減するという報告もあるので、骨粗鬆症自体が痛みを出す可能性が高いと考えられています。骨粗鬆症は高齢化社会に伴い今後どんどん研究されていく分野だと思います。

 

食事や運動も骨の強さに回復に関わると言われていますので、薬だけでなく、運動、そして食事を気をつけて 骨粗鬆症予防をしていくことが大切です。特に女性の方は、男性と比較し骨粗鬆症になりやすいのでお気をつけください。

 

(1) 折茂 肇  診療所に通院する骨粗鬆症患者の服薬コンプライアンスと腰背部痛の現状. Osteopor osis jpn 15:351-358

(2) Bonica, J.J.: Management of pain Lea & Febiger, Philadelphia, 1953

(3) DB Mach, SD Rogers, MC Sabino,: Origins of skeletal pain: sensory and sympathetic innervation of the mouse femur. Neurosci. 113: 165-166, 2002

(4)S Ohtori, T Akazawa, Y Murata et al., Risedronate decreases bone resorption and improves low back pain in postmenopausal osteoporosis patients without vertebral fractures. Journal of Clinical Neuroscience Volume 17, Issue 2, February 2010, Pages 209-213

 

腰のインナーマッスルのトレーニング

腰にもインナーマッスルとアウターマッスルがあります。腹筋のトレーニングでよく行われる両手を頭の後ろで組んで上体を起こしていくトレーニングがあると思います。また背筋のトレーニングとして、うつ伏せになり両手を頭の後ろで組んで上体を反るトレーニングがあると思います。これらの腹筋や背筋のトレーニングは体の表面から見えるアウターマッスルのトレーニングになります。

 

筋肉には大きく2種類あります。表面から見えるアウターマッスルとアウターマッスルの下にあるインナーマッスルがあります。インナーマッスルは体の深いところにあるので、関節の安定に働く筋肉と言われています。このインナーマッスルとアウターマッスルが共同して働くことが大切です。インナーマッスルがまず関節を安定させることで、アウターマッスルが安全に大きな関節運動を行うことができます。

 

インナーマッスルとアウターマッスルが2つありますので、トレーニングもやみくもに腹筋と背筋トレーニングを行うのではなく、インナーマッスルとアウターマッスルを分けたトレーニングが必要です。

 

今回は、インナーマッスルのトレーニング方法を紹介します。

 

1.片手片足上げ

四つ這いになり右手と左足を上げます。その逆も行います。

1回5秒間 左右10回ずつ

 

2. 両肘両膝で保つ

うつ伏せの上体で両肘と両膝を立て、腰を浮かす(腕立て伏せのように)

10秒保持 5回

 

3. 肘と膝で保つ(横向き)

横向きの上体で肘と膝の外側で保持する(脇の下、肘、膝の外側で三角形を作る)

10秒保持 5回

 

紹介した体幹筋トレーニングは全て、腰のインナーマッスルが働くと報告されています1,2)。最近人気の体幹筋トレーニングの本には、かなり強度が高いものがあります。腰が痛い方、これから体幹筋トレーニングを始める方は、ぜひ無理しないで今回紹介したトレーニングをしてみてください。

 

参考文献

1) Okubo, Yu, et al. “Electromyographic analysis of transversus abdominis and lumbar multifidus using wire electrodes during lumbar stabilization exercises.” journal of orthopaedic & sports physical therapy 40.11 (2010): 743-750.

2)大久保雄, et al. “腰椎 Stabilization Exercise 時の四肢挙上による体幹筋活動変化.” 日本臨床スポーツ医学会誌= The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine 19.1 (2011): 94-101.

腰椎椎間板ヘルニアはリハビリを行うとひっこむの?

椎間板を痛めた可能性がある腰痛は、腰痛の中の39%程度と言われています(1)。このことから椎間板は腰痛の原因となっている可能性が高いです。この椎間板には痛みを感知する神経が入っています(2)。通常この神経は椎間板の外側に存在します。しかし 椎間板を何かしらの原因で痛めると痛みを察知する神経が椎間板の奥まで入り込んでいくそうです。これが長く続く腰痛の原因と言われています(3)。

この椎間板が圧迫されて後ろに突出した状態が椎間板ヘルニアと言われています。ヘルニア自体は MRI(磁気を使った検査機器*CTと違い被爆しません) で 診断がつきます。しかし腰痛ない方でも30%程度、 MRI 画像上ヘルニアが存在することがわかっています(4)。このことから、ヘルニア=腰痛や坐骨神経痛ではないこともあります。しかし実際、医療現場で携わっていますと MRI 画像上ヘルニアがあって症状も腰痛や坐骨神経痛がある方は多くいらっしゃいます。 薬、注射やリハビリテーションなどでヘルニアの患者さんの症状が良くなることもあります。しかし症状が良くなっても ヘルニアが元の正常な状態に戻るかと言うとヘルニアのまま…なことが多いです。 この状態は画像上ヘルニアがあっても腰痛や坐骨神経痛などが治っている状態だと思います。火山に例えると活火山から休火山になった状態ですね。

一度出てしまったヘルニアは戻らないとお伝えすることが多いのですが、これを聞くと患者さんは落ち込みます。しかし休火山の状態から活火山にさせないことが重要で、ヘルニアがあっても腰痛が発生しないように日常生活や仕事に気をつけ、リハビリテーションを行うことが予防になると思います。人によっては膝の痛みを抱える方や他の部位の痛みを抱える方がいらっしゃいます。腰痛を抱えてる人は、自分は腰に負担がかかりやすいんだと思い対処していくことが大切だと思います。

「椎間板ヘルニアがあると活火山化する可能性もある」と知っておくと、リハビリテーションを続けるモチベーションになると思います。

 

(1)高橋 弦 椎間板性腰痛の基礎

日本腰痛学会誌 13:10-16、2007

(2) Lotz, J.C., Ulrich, J.A Innervation, inflammation, and hypermobility may characterize pathologic disc degeneration: review of animal model data. J Bone Joint Surg Am. 2006 Apr;88 Suppl 2:76-82.

(3) Freemont,A.J Nerve ingrowth into diseased intervertebral disc in chronic back pain. Lancet. 1997 Jul 19;350(9072):178-81.

(4) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会 腰椎椎間板ヘルニアガイドライン策定委員会:腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン. 南江堂2007

腰痛ってどこを痛めているの?

整形外科を受診している患者さんの中でも腰痛症の方は多くおられます。腰痛症といっても腰痛を起こす場所は色々あります。最近では MRI などの画像診断が進歩したおかげで腰のどの部分を痛めているかを以前よりも評価できるようになっています。しかし腰痛を起こす部分は体の中でも深いところにあることと、色々な組織があることでなかなか特定できません。

患者さんからはよくどこの部分を痛めているのですか?と聞かれます。 画像所見などにより腰痛が起こしている部分に直接注射 をして原因を特定する方法もあります。 しかし実際は注射をすることによる弊害もあるためになかなかそこまでの診断はできません。今回は、腰痛の原因となる場所をご紹介します。

 

腰痛の痛みを起こしている可能性がある組織について

椎間板の可能性39%

椎間関節の可能性15%から32%

仙腸関節の可能性13から18.5%

と報告されています(1)

*椎間板とは背骨の骨の間と間にあるクッションの役割をする組織です。 椎間関節は背骨の骨と骨をつなぐ関節です。 仙腸関節は骨盤部分の関節です。

腰は痛みを出す場所が多い!!

 

この三つの部位以外にも筋筋膜性腰痛(腰の筋肉が原因となっている腰痛) なども腰痛の発生原因の可能性があると言われています。 腰痛を起こす部分は様々であり、その部分は外からは判断できないことが多いです。このことが 腰痛を難しくしている原因です。我々理学療法士は、このような基礎的な知識と実際の患者さんの症状をよく観察しながら、 腰痛患者さんが腰のどこの部分を痛めている可能性があるかどうかを考えながらリハビリプランを立てています。 腰痛は一筋縄にはいきません、難しいので何とかしたいです^^

 

引用文献

(1) 高橋 弦 椎間板性腰痛の基礎

日本腰痛学会誌 13:10-16、2007

 

スポーツの学生に多い腰の疲労骨折なんでなるの?

子どものスポーツ腰部障害の代表的な病気として腰の疲労骨折があります。病院にも非常に多く腰の疲労骨折の患者さんがいます。今回は、

なんで腰に疲労骨折が起こるのか?と気をつける点は?

疲労骨折というのは、骨に繰り返し力が加わることによって骨が炎症することです。これはどこの骨でもあり得ることで、例えば、バスケットボール選手や陸上選手のような走ることが多い種目は、スネの骨や足の骨に疲労骨折が起こることがあります。腰の疲労骨折については、腰を<span style=”font-size:x-large;”>ねじる、反る</span>動きがストレスと言われています。野球選手なら、バッティング動作、投球動作など。サッカーの選手ならボールを蹴る動作などが危ない動作と言えます。水泳選手ならバタフライなどの腰を過度に反る動作も危ないです。

ただ、腰をねじったり、反らないで行うスポーツはなかなかありません。そのためスポーツを行っている自体が腰の疲労骨折を起こすリスクがあるということですね。

それでは、どのように日頃気をつけていかなくてはいけないか?

腰に過度にねじれや反りなどの力が加わる理由として、1.腰自体の柔軟性の低下 2.腰以外の部分の柔軟性の低下 が考えられます。

腰自体の柔軟性の低下について

腰の動きは、曲げたり反ったりする動作が大きいです。そのため腰回りの筋肉がかたくなってこってきたりすると動きが悪くなります。

 

腰以外の柔軟性の低下について

腰を曲げたり反る動きは腰の部分で大きく動きます。しかし、ねじりの動きは、腰自体はそれほど動きません。ここがポイントです。

 

腰自体はねじれる動きは少ないけど、腰の疲労骨折は腰にねじれる動きが過度に加わり過ぎると起こる…

 

腰にねじれる動きを集中させないためには、腰以外の部分の柔軟性を上げることが重要になります。

 

その関節は、胸椎(背中の部分の背骨)と股関節です。この2つの部分は腰をねじるときに、重要です。

 

腰の部分だけにねじれの力が集中しないように、腰以外の部分、胸椎と股関節の柔軟性を上げていくことが、腰の疲労骨折の予防に重要となります。腰の疲労骨折を起こすと数ヶ月間スポーツを休んでリハビリをしないといけません。日頃から体のケアをして疲労骨折が起こらないよう気をつけてください。